ともの日常 副業・転職

飲食以外の転職先として家事代行がおすすめ。若い人がいないので穴場です

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、ともの妻です。

この記事は、

飲食を経験してるけど、異業種に活かせないかな。

そもそも家事代行って何?

という方向けに書いています。

私は、家事代行のスタッフで、その前は飲食店を経験しています。

そして現在は、飲食店の時よりも拘束時間が短くなり、土日祝休みになって楽しんでいます♪


なので今回は、飲食店の方に家事代行をオススメしたい理由を紹介していきます。


家事代行サービスとは

言葉の通り、家事を代行すること

お料理を始め、お風呂掃除、トイレ掃除、キッチン水回りの掃除、掃除機がけ、水拭き、

食器洗い、洗濯等、たくさんの毎日ある家事をその人のライフスタイルに合わせて家事をお願いをすることです。

共働きでお掃除まで手が回らない人や、子育てで忙しい方などその必要な家事を選び、

お願いすることで心や時間のゆとりができますね。


家政婦との違い

主に大きくは、家政婦と家事代行では契約形態が変わります。

家政婦は依頼者と家政婦本人での個人契約、家事代行サービスは、起業契約でそこのスタッフがご自宅にむかうため、保証などもあります。

まあこれは契約的に部分ですが、実際の作業内容の違いについてですが、

家事代行では、主にお料理や水回りのお掃除、洗濯、掃除機がけ等がメインとなり、

介護・看護・子供のお世話・家庭教師など心身伴う仕事はできません。

主にお家にいる時間も家政婦は7,8時間と一日お家にいることもあるが、

家事代行の平均は2.3時間とそこも大きな違いとなっていますね。


なぜ飲食店の方におすすめなのか

料理経験を活かせる

飲食をやっていた方におすすめな理由は、もちろんお料理ですね!

家事代行では、主に作り置きおかずや、ご夕食のご飯を作ることが多いです。

やっていた料理のジャンルは変わっていても活かせることはたくさんあります。

ご飯が美味しいとリピートにも繋がりますね♪

もちろんお家の冷蔵庫にある食材で作ることは難しいこともありますが、

まかないの様にあるものでどう美味しいものが作れるか考えるのも楽しいです。

そして飲食あるあるなのかも知れませんが、作っている時にでは洗い物も

家庭用シンクくらいの量ならササッと終わらせられる気がしますね。笑


体力があることも大切

なんの仕事をするのにも体力はあることは大切ですよね。

そこの中でもやっぱりお掃除は身体全体を使ってお掃除をするので、

体力も使います。

この最近の暑さでは大変なときもありますが、

いい運動ですね!そしてピカピカになると達成感もすごいです。


50~60代がメインで働いている

今始めれば昇進しやすい

主に家事代行サービスで現在働いている方は皆さんのイメージ通りお母さんの世代の方が多いです。

若い方たちが少ない業界ですが、高齢者が増えたり、共働きで働いていて子育てをしている方も多くいるこの時代では、

これからもっと需要が増えていくと思っているので、

いま20代〜30代の方が今後を支えて行くと同じで会社の主軸になれることもあると思いますね。


若い人に優しいおばさんが多い

若い世代がこの業界に少ないことからこそ、教えてくれるスタッフの方もお母さん、おばあちゃん世代の方が多いです。

自分の娘に教える様に今までの豆知識を含め教えてくれることが多いと思いますね。

50代〜70代まで元気にお仕事をしている方も多くいらっしゃいますので、

そこをつなげられる様に自分もしていきたいですね。


定時で土日祝休みが魅力的

飲食店では月6~8休みが基本

家事代行サービスでは、主に会社によってではありますが平日昼間に受けていることが多いです。

飲食店ではどうしても営業時間のこともあり、朝から晩までになることが多いですよね。

家事代行の社員をやるとお掃除お料理を時間で契約するので、土日もしっかりお休みがあり、

お子様がいる方でも働きやすいと思いました。

また社員ではなくパートやアルバイトの場合はお客様の契約によってなので、

週に2,3回2時間〜3時間など空いている時間で無理なく働けるのも魅力ですね。


毎日、飲食店の半休みたいな感じ

飲食店で働いていると11~23時が一般的です。

11~13時間は拘束されるのが当たり前の世界だと思います。

私が働いていたところは、

  • 1つ目は、9~23時の月に8回休み&半休2回
  • 2つめは、12~23時の月6休み

でした。

半休といっても9~16時の休憩なしでした。

これを経験したら、現在働いている会社がとてもホワイトすぎます。(日本語が下手っ)

残業はありませんし、会社に戻らずに直接家に帰る日もあります。

こういう時は30分~1時間ほど早く帰れます。

飲食店は拘束が長いので、その拘束に慣れていたら、家事代行の仕事はホワイトだと感じると思います。もちろん会社やお客様の家に寄りますが。

飲食店以外の候補としては、魅力的だと思いますよ。


まとめ

今回始めてブログを書いてみた、ともの妻です。

家事代行は、やっていて本当に直接的に感謝の言葉をいただける素敵なお仕事です。

お料理やお掃除が好きな人は、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

お掃除の技術が学べるとお家でも活かせていいと思います♪


家事代行と料理の経験を活かして、新しいブログを開設する予定です。

ぜひそちらのブログも出来上がったら見に来てください。笑


今日も頑張っていきましょう〜!


-ともの日常, 副業・転職
-