Midjourney

【一緒に登録から始めよう】Midjourneyの始め方・使い方を解説

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

最近Midjourneyをよく聞くけど、始め方が分からない。

そんな簡単に絵が作れるの?

興味はあるけど、始めるのが面倒ですよね。

Midjourneyを始めるために、Discordというチャットサービスにも登録が必要です。

ですが、Midjourneyを調べてるあなたなら難しいことはないです。


今回は、Midjourneyの始め方から使い方まで解説していきます。


Midjourneyについてはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読む


まずはMidjourneyに登録

Discordの登録もやりますので、1から一緒に登録をやっていきましょう!

まずは下のリンクからMidjourneyにアクセスします。

https://www.midjourney.com/home/


右下のJoin the Betaをクリックします。


Discordのアカウントがある場合は、「Already have an account」をクリックしてください。

ない場合は、Display Nameにユーザー名を入力し、Continueで進めていきましょう。

誕生日も必須みたいなので、入力してください。

そしたらメールアドレスとパスワードを入力します。


基本Webで良いと思うので、×を押して閉じましょう。

あとはメールアドレスの確認が必要になります。


そしたらメールを確認し、「Verify Email」をクリックしてください。

これで登録が完了しました!Continue to Discordで、Discordに戻りましょう。

(古いDiscordタブは削除しても大丈夫です。)



有料プランに加入する

Midjourneyは有料プランにしないと使用できなくなりました。(2023年7月時点)

なので、有料プラン加入までの案内をこれから紹介していきます。

では下のリンクからプラン選択を進めていきます。

https://www.midjourney.com/account/

この画面が出たらチェックしてください。

大半の方がMidjourneyの最初の画面に戻るかと思います。

そしたら、今回はSign inを選択しましょう。


Authorizeをクリックして進めていきます。

そしたらMidjourneyのアカウント画面になります。


私は、MonthlyのBasic Planを選択しています。

これでも十分なので、試してみてはいかがでしょうか?



使い方を説明

ここから先は、私がすでに使用しているアカウントを使うので、色など違いますがご了承ください。


左側の船アイコンがMidjourneyのサーバー(ルーム)です。

ここでは、newbiesというところで画像を生成できます。

ですが自分以外にも見えるので、そこは注意点が必要です。

自分のみ見えるように使いたい場合は、newbiesからでMidjourney botのアイコンを右クリックしメッセージを選択します。

そしたらMidjourney botとのDMが作成されます。

自分はすでにあるので、前の履歴が残っています。

試しに何か作ってみましょう。

前回の記事で使用した「コンピューターを組み立てる少年」で作成します。

まず /imagine  を入力してください。そしたら、プロンプトが表示されます。


マウスで選択するか、Tabキーで選択してください。

そしたら、このpromptで指示していきます。


ではpromptのところで、

boy building a computer

と入力します。


今回はaspect ratio(縦横比)は、設定せずにやります。送信してみましょう。

そしたらあとは待つだけです。


完成したらこんな画面になります。

前回と違った感じですね。笑

たった1,2分で4つの絵ができるって凄いですよね!


ちなみに、1(左上),2(右上),3(左下),4(右下)という順番です。

Vを選択すると、選択した数字に似た画像をもう一度4つ作成してくれます。

リフレッシュは、好きなのが無ければ作り直しって感じです。

保存したいのがあれば、Uを選択してください。今回はU4を選択してみます。

これをクリックしたら保存できるようになります。

Macなら右クリックで選択ですね。


絵文字の❌を選択したら削除されるなど、絵文字にも意味があるのでまた別の記事で書いていきます。


あとはどんどん作っていきましょう

ここまで出来たらあとは作成していくだけです。

もっと極めれば、絵を販売することも夢ではありません。

NFT化して販売することも可能です。

使い道はたくさんあるので、Midjourneyを駆使しましょう!


自分も学んだことはブログにするので、ぜひ参考にしてください。

オプションもたくさんありますし、色々な絵を作ることができます。

Discordの操作感も覚えないといけないので、少し大変ですね。笑


Discordでプライベートサーバー(ルーム)を作成するともっと便利な使い方もあるので、それもまた紹介します。

新しい技術は覚えないと損ですからね。一緒に学習しましょう!


まとめ

私は、毎日Midjourneyのすごさを感じています。笑

こんな絵も作れちゃうの!?とかありますし、使う人によって絵が違うというのも面白いです。

使い方やオプションを覚えて、自分が求めている絵を作れるようになりましょう!


たまには求めてない絵を作るというのも、想像を超えてきて面白いですよ。

面白い絵は、Instagramで発信していますので、ぜひフォローしてください。笑


Midjourneyの詳しい使い方は、また後日まとめます。


では今日も頑張っていきましょう〜!


-Midjourney