ともの日常

毎日更新はストレスになる。継続できるペースでやらないと意味ないよね

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、ともです。

普段アプリ開発をしながら、ブログも更新しています。

この記事では、

毎日更新する意味ってあるの?

自分のペースで継続できた方が大事な気がする。

という方に向けて書きました。

毎日更新はメリットが多いと思いますが、熱が冷めやすいというデメリットもあります。

私は、YouTubeを半年間ほど毎日更新していました。

このブログでも2ヶ月ほど毎日更新をしていましたが、結局無理せずに自分のペースでやることが大事だと実感しました。


そこで今回は、長期的に考えるなら毎日更新をやる必要もないかな、と思った理由を紹介していきます。


なぜ毎日更新をやった?

作業の感覚を掴みたかった

YouTubeに動画をアップロードするためには、動画撮影して編集する必要があります。

理解はできていましたが、実際に撮影すると音質が悪かったり、画面操作しながら話すのが難しいです。

動画編集も音量上げすぎると音割れするので、意外と大変でした。

何度もトライアンドエラーして、自分の型が決まっていきましたね。

この経験は、もう一度YouTubeをやる時に役に立つので、やって無駄ではなかったです。


質より量で効果あるのか実験

毎日更新すると3ヶ月半で100本作成できます。

カットと最低限のテロップしか編集していませんでした。(カットが1番大変)

なので音質が悪いとコメントいただいたこともあります。笑

YouTubeをやる上で音質は大事ですので、当然のコメントです。

100本作成すればそこそこ伸びるかと思いましたが、1本だけ1万再生を超えるぐらいでした。

登録もしてもらえましたが、継続して見てもらう視聴者は少なかったです。

まずは大量に作って、作業に慣れた後に、質を求めるのが正解だと実感しました。


メリット・デメリットは?

メリット

  • 早く作業に慣れる
  • 習慣化される
  • PDCAサイクルを早く回せる

まず、いち早く作業に慣れることができます。

動画撮影でも、カメラ位置・マイクや画面録画のやり方など、知らないことがたくさんあります。

それを2,3回...と繰り返してうちに、自分に合った準備が分かってきます。


2つめは習慣化されます。毎日投稿を宣言しているとやらざるを得ないって感じになります。

ストックを貯めておけば、毎日更新は可能です。


3つ目は、PDCAサイクルを早く回せることです。

大量に動画をあげるので、伸びる動画のタイプがわかります。

私の場合は、スライド動画が100回再生を超えることを確認できました。


デメリット

  • 1日2,3時間奪われる
  • 動画の質が落ちてしまう
  • ネタを考えるのが大変

まずは時間が奪われます。

1日2,3時間あれば、勉強やアプリ開発の時間に充てることが可能ですよね。

私の場合は、アプリ開発の動画を上げていたので、ついでに動画も撮ってみようって感じでした。

一石二鳥かと思いましたが、テンポよく開発するように意識したり、動画編集に時間が取られるなど、アプリ開発だけに集中するのは難しかったです。


2つ目は動画の質が落ちます。

私は、1本をとりあえず上げる方を優先していました。

この優先順位を1本納得いくまで編集するという感じにすれば、質は高くなりますが、毎日投稿は難しくなると思います。


3つ目は、ネタを考えるのが大変です。

私のチャンネルはアプリの内容を考えれば、それが出来るまで撮影すればいいので、そんなにネタに困りませんでした。

ですが、アプリが出来上がるまでに10本ぐらいあるので、見ない人が多かったです。

そういう面でも1つのネタのクオリティを上げる必要がありますね。

クオリティというか、視聴者に需要のある動画を探さないとです。


継続出来るペースが大事

毎日更新は自分の首を絞めている

もし毎日更新するなら、常にYouTubeやブログのことを考えないといけません。

意識していなくても、きっとすぐにネタを探してしまいます。

それが好きなら天職だと思いますが、長期的にも続けていきたいなら毎日更新は、切羽詰まって精神的にキツくなります。

ストレス溜まった状態だと、良い動画は作りづらいです。

余裕があってこそ、良い動画や記事、生活にも良い流れができます。

まずは余裕のある投稿をした方が良いです。

最初にハードワークしてから、ペースを緩めても良いと思います。


2日に1回にするだけでも気持ちが楽になった

このブログの更新頻度は、2日に1回にしています。

最初は毎日更新をしようと思いましたが、長期的に続けるなら毎日更新する必要ないな。と思いました。

その結果、気楽にブログを書くことが出来ています。

普段ランニングをしていますが、こちらも2日に1回ペースにしています。

2日に1回だと「昨日休んだから、今日走るか」とスイッチができます。

これが1週間に1回だと、その1回の走りがしんどいので、段々やらなくなります。

私は「2日に1回がちょうど良い」ということが分かりました。これは人それぞれだと思いますので、自分のペースを見つけると良いと思います。

おすすめは、「週に2,3回」より「2,3日に1回」と決めることです。

週だと連続する日が出てきて、その連続が大変です。

2,3日に1回なら「昨日・一昨日やってないから今日」となり、1回ペースを守れるのでオススメです。


結局続けたもん勝ち

何事でも続けること大事

自分がこれまで2年以上続けてきているのは、アプリ開発とランニングです。

英語学習は今3ヶ月目なので入れていませんが、これも長期的な学習が効果ありだと思います。

アプリ開発は最初分からないことだらけですが、1,2個とリリースするだけで感覚が掴めていくことができます。

まずはWebアプリをリリースして、その後モバイルアプリを作成しています。

Webアプリとモバイルアプリのどちらも作れるというのは、今の強みにもなっています。

これは長期的に続けていることで、実力の差がどんどん開くと思います。

アプリを何個もリリースする人は少ないですからね。

1,2個作ってすぐに売れないと断念してしまう気持ちも分かりますが、続けていかないと売れません。

しかも続けるだけでスキルアップするならやるべきですよね。


ランニングも長期的に続けていけば、いつも走っている距離は余裕で走れます。

これも続けているからこそ得られる成果だと思います。

おじさんになっても体力ある身体にしたいので、これからも続けていきます。

あわせて読む


3年は続けてみる

ブログやYouTubeも2,3年続けていきましょう。私もがんばります。

結果が出なくても知識が身についているので、無駄にはなりません。

また新しく始めたりすれば良いんです。

新しく始めたら、また違う視点が生まれて、ユーザー解決の記事が書きやすくなると思います。

私もこのブログが微妙だったら、アプリ系の特化ブログなど始めようかなと考えています。


まとめ

何か始めようかと思っている方は、まずそれを1年は続けてみると良いと思います。

模索した結果、楽しくなってきて続ける。というのが多い気がします。

私のアプリ開発やランニングは楽しいので、やめる理由がないと言う感じです。

続けていることで仕事や健康に活きているので最高ですよね。


YouTubeかブログで迷っている場合なら、ブログをオススメします。

YouTubeは、撮影からの編集があるので、1人でやるには時間が必要です。

ブログも時間が必要ですが、自分のペースが見つけやすいと思います。

あとはリライトできるのも大きいです。

YouTubeは上げた動画を修正することはできませんが、ブログは書き直すことができます。

どちらも楽しいので迷っているなら、やってみた方がいいですよ。


一緒に成長していきましょう!

では今日も頑張っていきましょう〜!


-ともの日常